FC2ブログ
【2分で読めます!】

おはっぽー!全国のカキアワビスキーの皆様お待たせしました!

カキ・アワビ漁が7/1から解禁になりましたよっ!!
今日はカキ漁の様子をご紹介!
DSC01946.jpg
キタコレーーー ( ゚∀゚)ーー!!!



秋田県ではこの夏場にとれます。
西日本では冬場なんですね↓
【旨い!牡蠣やさんの全国の牡蠣漁のシーズン一覧】
http://www.umaikaki.com/shun.html



【そもそもカキ漁とは?】

DSC01949.jpg
「ナマコ増殖研究会」会長でもある田村忠悦さんに質問してきました

潜水して手でとる漁(潜り漁)のひとつ。潜り漁はほかにアワビ・ナマコ・サザエなどがあります。
八森では朝4時にスタートし、だいたい8~10時までに浜に揚げます。
それから殻についたゴミや岩をハンマーでたたき、綺麗に落とす作業を昼頃まで行います。
そして夕方16時の入札に間に合わせます。

DSC01950.jpg
おかあさんたちにも声をかけて手伝ってもらいます。
この山!!

DSC01960.jpg
「おいどこ写さねんで、そっちのいい男どご写してけれ!」
大丈夫どっちもイケメンです

DSC01958.jpg
いつもは海藻をとっている漁師さん 夏場はこちらにお手伝い


【綺麗なからだでお嫁にいってね!殻の洗浄作業をする理由】

なぜこの作業をするのかというと、「少しでも高く買ってもらうため」です。
特に生牡蠣は上の殻を取っただけの状態でお皿の上にのぼることが多いですよね。
そのときにゴミがムシがついたままだと食欲が半減!飲食店さんも嫌うそうです。

丁寧な人はハンマーで叩いたあと、高圧シャワーで綺麗に洗浄。
特に「綺麗に出さなければいけない」という決まりがあるわけではないそうですが、
八森では意識して昔からこの作業を行ってきたそうです。

牡蠣の値段には漁師さんたちのこういう手間ヒマ分も含まれています・・!

DSC01956.jpg
きれいになったね!サイズと個数をそろえて出荷

秋田で牡蠣といえばにかほ、象潟など県南が有名ですが、八森でも揚がっているんですよ。
降った雨が白神山地の土に浸み込み、豊潤な森のミネラルを蓄えて何十年もかかってようやく八森の海に流れ込む。その水が美味しい魚貝を育てる・・・のだそうです。
天洋酒店さんの表現をそのまんま拝借させていただきました!ありがとうございます!
天気のいい日はドライブがてら八森漁港へカキ作業の見学に来て、カキも食べ比べ!\(^0^)/


よめこは去年はちもり観光市で剥きたての牡蠣にレモンしぼって食べさせてもらいました!


★facebook「八森よめこ漁業」ページで詳細を公開中!
「いいね!」も押してくださると励みになります(・∀・)ノ↓
八森よめこ漁業 facebookページ

FISH&PEACE♡



★毎週土日元気に開催!旬の魚は「はちもり観光市」でどうぞ★

はちもり観光市

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Comment

Post Comment


 
管理者にだけ表示を許可する

 

Trackback

Trackback URL