FC2ブログ
おはっぽー!よめこです。

先日いきつけの美容師さん(八森を代表するカリスマ)に
しょっつる使ってピザソース作る料理人が八森にいるよ!今日作るって!」と教えてもらったので
さっそく突撃取材!ヨネスケのとなりの晩ごはんばりに突撃!


こちらのお父さんは趣味で料理を初めて数十年。
既存の飲食店の味では物足りなくなり、「もっと美味いメシ、自分の好みの味が食いたい!
と思い立ったのがきっかけとか。
DSC00589.jpg

お邪魔したらさっそくピザソースが出来上がっていました!


ピザ生地を待っている間に美容師さん夫婦と「しょっつるなめくらべ大会

DSC00595.jpg

「いやーこう並べて舐めてみると違うもんだね!」とびっくり。

DSC00593.jpg
感慨深げな顔をする美容師さん(イケメン)


DSC00594.jpg
ピザ生地ーーっ!

DSC00596.jpg
できたーーっ!

DSC00598.jpg
もちろんうめーーーっ!!
市販のピザよりも味がくどくない、しょっぱくない、野菜の甘味がある感じです。
焼きたての手作り生地がホントに至福!!




しょっつるピザソースの作り方(トマト缶づめ1個で作る目安)

材料

・挽き肉(牛豚合い)300g
・玉ねぎ 2つ
・にんじん 1本
・しいたけ(干しがベター)干なら5つ、冷たい水で前晩からもどしておくとうまみが出る
しょっつる 大さじ 2~3

A【・トマト缶づめ(カット)1個
・コンソメ 2~3個・水 カップ1
・赤ワイン(あれば)100cc なくてもOK!
・トマトピューレ】


玉ねぎ、にんじん、もどしたしいたけはみじん切りにしておく。

挽き肉をいためたらいったん取り出し、たまねぎ、しいたけ、にんじんを炒める。
熱が通ったらAを入れる。
煮詰めてできるだけ汁気をなくす。(30分くらい)

最後に塩味の調整としてしょっつるを投入。
しょっつるに火を通しすぎないのがコツ。



フリーザパックで小分け冷凍しておけば急なお客様や簡単に済ませたいときのランチに便利ですね!
ピザソースだけじゃなくてパスタとの相性も合いそうです。



「なぜピザやパスタにしょっつるを使おうと思ったのですか?」とおとうさんに聞いたところ、
「若いころに東京の洋食屋で食べたパスタが美味すぎて、衝撃を受けたことがあったんだ。
それからどこのパスタ屋にいっても、何度自分で再現しようとしてもあの味に届かなかったんだが、
ある時しょっつるを入れてみたらあのパスタのコクに一番近づけたんだよ」と。
もしかしたらそのパスタにもコラトゥーラ(イタリアの漁醤)が入っていたのかも・・?

DSC00609.jpg
息子さんは農家さん!とりたてふわふわホウレンソウこんなにいただいちゃいましたm(_ _)m
近日「小笠原さんちのほおずきジャム」ができるとか?ワクワク \(^q^)/

DSC00608.jpg
あっ


おとうさんごちそうさまでした!
皆さんもおうちで試してみてくださいね!


facebook「よめこ漁業」ページで詳細を公開中!
「いいね!」も押してくださると励みになります(・∀・)ノ↓
よめこ漁業 facebookページ

FISH&PEACE♡

★毎週土日元気に開催!旬の魚は「はちもり観光市」でどうぞ★

はちもり観光市

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Comment


細かいことごめんなさい。いったん取り出した挽き肉はどの時点で戻せばいいですか?ちょっと気になってしまいました(^▽^;)
No title
ふりささん
コメントありがとうございます!
取りだした挽き肉は玉ねぎが炒まったら再投入、の順序だそうです(説明不足でごめんなさい)
ですが「最終的には、好みで!」とのことでした(笑)

Post Comment


 
管理者にだけ表示を許可する

 

Trackback

Trackback URL