FC2ブログ
おはっぽー!去年のジーンズがはまらない、よめこです!
あれーお洗濯して縮んだのかなー、おっかしいなー。ブヒブヒ。


きょうはひさびさに我が家で揚がったハッカク(トクビレ)ちゃんについての偏愛と紹介です。


■トクビレ(ハッカク)とは
201405ハッカク


時期:厳冬
頻度:底曳きでそんなに量は揚がらない
お値段:お高いわよ!
習性:隅っこに生息
食べ方:刺身、味噌焼き



■漁師泣かせの場所に住むニクイやつ

201405ハッカク02

主に北海道で多く揚がるですが、秋田でも厳冬期にはまとまって(といっても底曳き船10艘の水揚げ中、3、4kgスチールでせいぜい4,5箱ほど)揚がります。

崖っぷちに生息しているらしく、この日も網を切らしやすいエビ場あたりに狙いをつけてかけたところ写真の子がコンニチワ。
ついでに網もパンストばりに破けました。
漁師いわく「網を切らしたぶんだけ漁師は漁を覚えるんだ」




■じつは「ハッカク」の総称はまちがい?
秋田ではこのを雌雄関係なく「ハッカク」と呼びますが、実はハッカク(八角)という呼び名はこののオスだけを指すそうです。(「トクビレ|ぼうずコンニャクの市場魚貝類図鑑」より)
確かにオスのほうがトゲも多くゴツゴツして、八角形感が強い。


■死ぬ前に一度は食べないと損します「ハッカク刺身」

201405ハッカク刺

八角のお刺身は、よめこが嫁いで来て
「あああああこれを食べずに死ぬなんて人生の半分を損するところだったあああ!!!!」
と思えるほど美味いと思った料理ベスト3のひとつ。
好きで好きでたまりません。
この鋭角的なクチビルにキッスしたいくらい大好きです!

ワニみたいな容貌とは裏腹に身質は上品な白身。
噛むとコリコリと弾力があり、噛みしめるほどに脂がジュワッジュワッと溢れてきます。



ちなみに本場北海道では味噌味でちゃんちゃん焼きにしたり、肝と味噌を和えて半分に割ったハッカクの身に塗って焼くといった郷土料理も人気とのこと。
北海道に出張の際はぜったい食べて損はないですね!
またお店でハッカクにちなんだお料理があったら値段にいとまなくご注文されることをオススメします!


Facebookで「さばいたあとの皮を炙っても美味しいよ!」というアイデアを教えていただいたので今度トライしてみます。
いつもありがたいですm(_ _)m




■ハッカクの調理法などリンク

東京都墨田区の「黒酢の寿司 京山」さんではまれにハッカクの握りも登場するかも?
ハッカクをおろしてみました!! | 黒酢の寿司 京山 出前します! - 楽天ブログ





手前板前さんではハッカクの捌き方の手順が細かく載っていました。
ハッカクのさばき方



勉強になりますm(_ _)m



ハッカクにかぎらず、漁獲が少ないため一般の店頭や飲食店にはなかなかのぼらないけど美味しい!ってお魚はもっともっとあるのでしょうね。
立ち寄った飲食店でそんなチャンスに恵まれたらぜひ食わず嫌いせずトライしてみてほしいなと思います。

★毎週土日元気に開催!旬の魚は「はちもり観光市」でどうぞ★

はちもり観光市

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Comment

Post Comment


 
管理者にだけ表示を許可する

 

Trackback

Trackback URL