FC2ブログ
おはっぽー!
さいきん息子と柔道をはじめたのですが翌日足腰が立ちません、よめこです。

さてそろそろ釣りが楽しくなってくるシーズンですね。
釣り人にもお馴染みのアイナメについてご紹介!


アイナメとは
2014-04-27 アイナメ


時期:春~秋
地方名:しんじゅ、しんじょ
頻度:おなじみ
お値段:秋田ではお手頃(ただし店頭ではあまり見かけない)
習性:浅層、岩礁地帯に生息
食べ方:刺し身(ルイベがオススメ)、煮付け、椀もの、塩焼き



アイナメは刺し網、釣りでよく獲れる
鮮度のいい状態では刺し身が最高といいますが、秋田では浅層の暖かい季節に取れることから、加熱か刺し身でもルイベをオススメします。
鮮度が下がりやすいので釣ったり購入したりした場合はすぐに調理をオススメします。
西日本では活のものが高値で取引されているとの情報。


秋田では「しんじゅ=アイナメ」「アブラコ=クジメ」
よめこの地元ではよく「しんじゅあぶらこ釣ってくる~」といいますが、
「しんじゅ」「しんじょ」はアイナメを、「アブラコ」はクジメを指します。


■アイナメとクジメ
どちらのも生息域が似ており、見た目も近いからか、地域によってはあいなめを「アブラコ」と呼ぶところもあるそうです。
ヤナギノマイとハツメの区別も秋田内で境界線があいまいだったりするので、この当たりの分水嶺がどこなのかとても興味があるところです。
名前を一緒に呼んでいる/異なって呼んでいる背景には、それぞれの文化の成り立ちや思わぬドラマがあることが多いんです。面白いですよね。


■アイナメこぼれ話

ちなみにアイナメの学名は「Hexagrammos otakii Jordan and Starks」なんだそうですが、
この「 otakii」は生物学者シーボルトが日本で恋した女性「お滝」を思って献名したとの逸話もあります。
この説には違うという見方もあるようですが、シーボルトとお滝さん、その間に生まれのちに日本で初の西洋医、宮中産科医となる楠本イネさんの話がドラマか!ってくらい面白いのでぜひお時間のある方はご一読ください!

幕末ガール:坊っちゃん劇場 - BOTCHAN THEATER



2012年には楠本イネさんをテーマに演劇にもなってるんですね。

(もうちょっとレシピネタとか増やせるように頑張ります…)

★毎週土日元気に開催!旬の魚は「はちもり観光市」でどうぞ★

はちもり観光市

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Comment

Post Comment


 
管理者にだけ表示を許可する

 

Trackback

Trackback URL