FC2ブログ
夜でもおはっぽー!よめこです。

今日は春先に見えるヤナギノマイをご紹介。
とっても美味しいおなのになぜか市場にそれほど出まわらない!
その秘密をちょこっとだけ教えちゃいます。


ヤナギノマイ

2014-04-ヤナギノマイ


時期:春先(産卵期は6-7月)
頻度:夜セリで2-3箱見る程度
お値段:お手頃
習性:刺し網・定置網・釣り・底曳き網
食べ方:もっぱら塩焼き


東北~北海道にかけて棲息するおです。
メバルのお仲間なので同じ時期にやってくるんだとは思いますが、メバルと違うのはその量。
八森漁港では私の知るかぎり水揚げ量はメバル:ヤナギノマイ=50:1くらいの割合です。
メバルより黄みがかって体の手触りも気持ち柔らかい印象。
なんでもメバルより身に水分気が多いとか。
そのため鮮度も下がりやすく、美味なのに浜値がそれほどでもないのが納得いかんとです!

2014-04-27 ヤナギノマイ03
産卵前なので体も大きくおなかもプックラ膨れてる子がチラホラ。
産まれるーー!!


塩をふって時間をおいてから塩焼きするとホックホクした白身がたまりません♡
旨味がギューっと濃縮したように感じられるんですよね。大好きです。
まさに「ちょっとの一手間でグンと美味しくなる」ですね。


ちなみに似たハツメというのもいます。
同じくメバル系の仲間ですが、秋田県のなかでも「ヤナギノマイと同種だ」「いや別もんだ」と意見がわかれるようですね。
(八森漁港では「ハツメ」での水揚げはみかけませんなあ…)


ハツメ 市場魚貝類図鑑




近年はスーパー等でもまれに見かけるヤナギノマイちゃん。
見つけたらぜひ塩焼きトライしてみてください^^

★毎週土日元気に開催!旬の魚は「はちもり観光市」でどうぞ★

はちもり観光市

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Comment

Post Comment


 
管理者にだけ表示を許可する

 

Trackback

Trackback URL