FC2ブログ
おはっぽー!よめこです!
ブログを更新したいんですが何にせよ船が出ない(´Д`)!!!サーセン!
というわけで今日はこれからシーズンになるタラの白子・タラコの成熟具合を見分け方についてご紹介しますね。


pics_04.jpg

秋田タラ漁は1月〜3月ころ
秋田では11月〜12月にかけてハタハタ漁一色になり、お正月休みをはさんでタラ漁にシフトします。
この時期はシケが多く、出漁日数は月の半分〜10日くらいな年も。
ここいらでとれるタラは、正確には「スケソウダラ」と「真鱈」の2種類がありますが、
前者はスケソウと呼ばれ、タラと言ったら真鱈を指します。


メスよりオスが高い魚はここらへんではタラだけ
ハタハタもババガレイもメスの卵もちが珍重されるのに対し、オスの値段が高いのは濃厚な白子をもつ真鱈です。
「人間の世界も魚の世界も同じだな!タラになりてえよ!」というのは漁協職員Aキラさんの持ちギャグ。


白子が成熟してくるのは例年1月半ば〜2月いっぱい
1月からスタートするタラ漁ですが、白子が本格的に成熟してくるのは例年1月半ば以降と言われています。
気温や海水温、天候でズレもあります。
成熟具合は漁師が船の上のまかない鍋で食べたりしてチェックしてるよ!

由利本荘での掛魚(かけよ)祭り
kakeyo.png
http://www.nikaho-kanko.jp/event.html

由利本荘ではタラの豊漁祈願・海上安全を祈願して「掛魚(かけよ)祭り」が行われます。
なんと300年もの歴史が!
八森ではハタハタ館となりの産直施設「ぶりこ」で、「タラ祭り」と称し真鱈の特売はどが行われますよ!


今年は白子の成熟具合をチェックしようにも旦那さんの網にタラがかかりません><
チェックしたら必ずブログにアップしますぞ〜!!




ーーーーーーーーーーーーーーー
おもしろかったらシェアしていただけると飛んで喜びます(・∀・)ノ
Twitter/Facebookもよろしくね☆

Twitter:@yomecogyogyo
Facebook:八森よめこ漁業 

★毎週土日元気に開催!旬の魚は「はちもり観光市」でどうぞ★

はちもり観光市

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Comment

Post Comment


 
管理者にだけ表示を許可する

 

Trackback

Trackback URL