FC2ブログ
おはっぽー!伊勢丹の紙袋です!

yomeko.jpg


ちゃうわ!よめこです!

あけましておめでとうございます!今年もよろしくお願いします!
サカナスキーのみなさまから
「年明けたぞゴルァ!」「ブログさぼってんなドルア!」とおしりをたたいていただきありがとうございます(この物語はフィクションです)、
実は母子ともども感染性胃腸炎にかかっておりました!
みんなも気をつけようね!

そうこうしてる間に旦那さんの船のマダラ漁は始まっておりましたー!

マダラ130112_02
どーーん!!!

ある日はこの通り 
マダラ130112

大漁っ!!!
ゆきまみれっ!

そして

ほっかほかのタラ汁!
tara.jpg


だだみ!

うらやましいーー( ;´Д`)・・・・

【マダラの愛称アレコレ】
マダラは日本海、北日本の太平洋側に生息する冬の味覚です。
甘みのある白身は鍋はもちろんムニエルや昆布締めでも美味しいですね\(^o^)/
珍重される白子は秋田では「だだみ」としておなじみですが、宮城では「タラ菊」「キク」
北海道では「タチポン」(マダラをタチと呼ぶ)など、いろいろな愛称があるそうですよ!
八森の漁協職員Aさんは
「メスよりオスの値段が高い、数少ない魚種だよ。あとは人間の世界と一緒さぁ(涙)」
と紹介してました笑。


【100か0かのマダラ漁】
マダラは大群で特定の箇所に棲息しているので、網に入るときは一気に入ります。
漁師さんの読みが当たれば、網を1回か2回かけるだけで大漁、
文字通り漁師の夢「一発満船」ができます!
白い波をあげてズドーーン!!とタラがぱんぱんにつまった網が海から揚がってくる光景は、漁師冥利に尽きるとか。



逆に言うと読みが当たらなければほぼゼロ、その日の燃料費代もまかなえないような漁具合とのことで、
自然相手でしょうがないとは言え、これは漁師さんたちにとって肉体的にも精神的にもこたえるのだそうです。


で、1月2月中は時化が月の半分以上、凪になっても潮が速く思い通りに網をかけられなかったり、狙った漁場へたどりつけなかったりする事のほうが多いので、
一発満船があってもトータルでの漁獲高はキビチイものとなります。

よめこの食卓の比率でいうとだだみタラ汁2の塩まんま8ってとこですかね!^^


いいタラが手に入ったらふくちゃんのクレイジームニエルやだだみポン酢にしてブログにUPしてみますね☆

おったのしみにーー!!

【合わせて読みたい!】
「【食堂部】ふくちゃんのクレイジータラムニエル!」
http://ryoshiyome.blog106.fc2.com/blog-entry-19.html


★facebook「八森よめこ漁業」ページで詳細を公開中!
「いいね!」も押してくださると励みになります(・∀・)ノ↓
八森よめこ漁業 facebookページ
twitter:@yomecogyogyo

FISH&PEACE♡

★毎週土日元気に開催!旬の魚は「はちもり観光市」でどうぞ★

はちもり観光市

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Comment

Post Comment


 
管理者にだけ表示を許可する

 

Trackback

Trackback URL