FC2ブログ
【2分で読めます!】

おはっぽー!長年連れそった愛車にしょっつるをぶちまかしたのち旦那さんに譲った鬼畜はこの私です、
よめこです!


仕方なかったんや!

DSC01895.jpg


さて切り上げのお話。
前回もちょこっと触れましたが、底曳き船は法律上「7、8月は操業したらアカン」という決まりがあります。
そのため6月の最後の週~6月いっぱいにかけて操業を停止するための作業を行う必要があります。
船に積んである網や漁用の道具を全部おろしたりする作業です。

DSC01884.jpg


この作業を「切り上げ」と呼んでいます。


DSC01879.jpg
目印を書いたぼんでんをつけてロープを海に沈めます。ロープは日の当たらない海の中のほうが劣化しにくいんだとか。

DSC01914.jpg
船のスチールも全部出し

DSC01921.jpg
船に積んである網やロープも全部出します

DSC01923.jpg
時計回りに巻くキマリがあるんですって(青森深浦の成田さん情報)!



【なぜ切り上げをする必要があるのか?】
理由が3つあります。

1、資源管理のため
夏場は稚魚が多く、そのまま獲っていると枯渇してしまいます。
なので魚資源を育てる意味でも大量の魚をとる底曳きはお休みしたほうがいいみたいです。

2、船のメンテナンスがあるため
底曳き船は5年間のうち2回の検査があり、うち1回は一度船のエンジンをバラバラに解体してチェックするという、日数も人手もかかる念入りなものです。
漁も少ない・魚価も安い夏場に長期の休みをとってメンテナンスに専念したほうが得策なんですね。


3、潜り漁にシフトできる
7、8月からはアワビ・牡蠣漁が解禁になります。
こういった潜水してとる漁を総称して「潜り漁」と呼び、牡蠣だとがんばれば月50~100万、アワビだと~70万くらい収入があるとのこと。
底曳きの乗組員さんたちはこの2カ月間雇止めをされ、自分で潜り漁をしたほうが高収入になるのです。
(密猟は200万円以下の罰金です!)



浜にいくと網の修繕をしている漁師さんたちに会えたりします。
炎天下のなか多少気が荒くなってるかもしれないので遠くから優しく「ごくろうさまです☆」と声をかけていただくとありがたいです( ´ ▽ ` )ノ!

7,8月はカレイやエビなど底曳きの魚が少なくなっちゃいますが、釣りもの・潜り漁の魚を堪能してくださいねー!

★facebook「八森よめこ漁業」ページで詳細を公開中!
「いいね!」も押してくださると励みになります(・∀・)ノ↓
八森よめこ漁業 facebookページ

FC2ブログランキングにもぽちっと☆(・∀・)ノ


FISH&PEACE♡


★毎週土日元気に開催!旬の魚は「はちもり観光市」でどうぞ★

はちもり観光市

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサーサイト



【1分で読めます!】

おはっぽー!んよめこです!
前回の更新から1週間くらいスパンが空いたのは息子の登園がてらウォーキングを始めたら筋肉痛でのたうちまわってたからとかでは、決してありません!
加齢って怖いね!


さてひっさしぶりの浜コレ
6/25(日)に揚がったものをお届けです。
この日は秋田沖では珍しい「マナガツオ」が揚がりました。


DSC01855_20120626114425.jpg


どんな魚かというと、
【ぼうずコンニャク】マナガツオ
http://www.zukan-bouz.com/suzuki/ibodai/managatuo.html

もとは長崎県や岡山県など暖かいで見られるお魚なんですね。
10年前くらいから秋田沖でもちょこちょこ見られるようになってきたそうです。
去年の夏場も1、2回みかけました。
カサゴといい、これも温暖化の影響
でしょうか・・?

DSC01856.jpg
愛くるしいお顔

ちなみにスーパーには出回りませんがキロウン千円もする高級魚だそうです ( ゚∀゚)・∵.


DSC01854.jpg
ボタンエビちゃん

DSC01852.jpg
おりかさなるケガニちゃん

DSC01861.jpg
ババガレイちゃん

DSC01859.jpg
マダイちゃん

DSC01860.jpg
チダイ(ハナダイ)ちゃん。マダイとよく似ていますがこちらが華やか

DSC01858.jpg
ミズガレイちゃん

DSC01857.jpg
アイナメ(しんじゅ)ちゃん。浅瀬での釣りでもかかってくる魚ですが、この時期からは火を通した料理で食すのをオススメしまっす。

DSC01868.jpg
キント(カナガシラ)ちゃん。6/30のひより会のカッチャたちの料理講習会でも登場しますよ!

DSC01867.jpg
アマダイ姉妹

DSC01865.jpg
ヒラメちゃん

DSC01863.jpg
スズキちゃん!

DSC01872.jpg
ミズダコちゃん!八森沖でとれるのはほぼすべてミズダコだそうです。マダコは関西なのね。
今世界的にタコの資源減少がみられるそうです。

DSC01862.jpg
アジもとれます。やっぱり鮮度のいいうちのタタキは美味!

DSC01873.jpg
トラフグちゃん。秋田県の潟上市沖がフグの産卵場所の北限地だそうです。

DSC01871.jpg
ホッケちゃん・・・!



底曳き船は法律で「7,8月は操業したらアカン」という決まりになっています。次回詳しく!
来週以降は浜にて牡蠣・アワビ・サザエ、八森岩舘だけの「牡蠣の岩落とし」の作業風景が観られますよ!
おったのしみにー(・∀・)ノ


★facebook「八森よめこ漁業」ページで詳細を公開中!
「いいね!」も押してくださると励みになります(・∀・)ノ↓
八森よめこ漁業 facebookページ

FISH&PEACE♡


★参考までに
県産水産物に含まれる放射性物質検査の検査結果について(美の国あきたネット水産漁港課)

ひより会が本気出す!6/30「漁師のかっちゃが教える料理教室」開催!

【書評】「日本の魚は大丈夫か~漁業は三陸から生まれ変わる~」【漁業】

★毎週土日元気に開催!旬の魚は「はちもり観光市」でどうぞ★

はちもり観光市

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

っっあーーーい!
よめこです!

さて今日は北能代のトラ女(トラクター×女前)、農ガールこと
ゆっけはんの超カンタン!
ミズレシピがとどきましたよ!

【そもそもミズとは!?】
秋田県ではなじみの深い山菜「ミズ」(水の反対、ミにアクセントがきます)
見た目こんなかんじ→<あきた 森の宅配便 ミズ>

ちょうど今頃の初夏に沢などに見られます。
少し粘り気があってシャキシャキした食感がたまりません!
秋田人の初夏のソウルフードともいえるでしょう。




ミズのしょっつる炒め


みずのしょっつる炒め

材料
・ミズ       適量
しょっつる    小さじ1からおこのみで

作り方
1. ミズのスジをとる
2. 5cmくらいに切る
3. フライパンにゴマ油を熱し、ミズを投入
4. 鮮やかな緑色に変わってきたらしょっつるをまわしかける
5. できあがり\(^q^)/





はやっ!!

しょっつる×ごま油も非常に相性がいいです。他の山菜や食材でもお試しあれ!


そんなゆっけはんから二つ告知!


1、東京新宿に秋田料理屋「泰然」ができたよ \(^0^)/ !
東京在住の方は是非行ってみて♪

新宿御苑 泰然  紹介文

2012 年6 月 4日に東京・新宿御苑に OPEN した、我が秋田が誇る「比内地鶏」をメインにした和食処。
能代の食材ゆっけさんセレクトでお送りしています。

店のご主人は料理の世界一本で生きてきたアラフォー癒し系!(見た目はクッキングパパ!)
奥様とスタッフの女子と3人で、アットホームな雰囲気の中、心ゆくまで美味しい酒と
美味しい肴をご堪能ください!!

***************************************************

新宿御苑 泰然
URL http://taizen12311.jugem.jp/
〒 160-0022
新宿区新宿1-23-11
御苑メインビル1F(104)
TEL:03-6380-5228
新宿御苑前駅2番出口徒歩5分
カウンター8席、座敷2席(最大10名様程)です。

twitter<@taizen12311> https://twitter.com/#!/taizen12311

***************************************************

2、富根報徳番楽の舞があるよ!
お祭り・番楽スキーは観にきてね!

7月23日・24日の愛宕神社例大祭
23日は18時から舞を2つ奉納します!「千歳舞」(せんざいまい)と「三番叟」(さんばそう)
24日は朝から富根の町内を富根各地の祭りが巡行しまっす!

★「千歳舞」とは
千歳(せんざい)は、百千歳の歳を重ねた老翁が大君より長寿を祝福されめでたい文箱を賜ったので、喜びの余り手の舞い、足の踏むところ知らず舞い納める。身体強健、寿命長久を祝した舞いである。
これは神楽によくある舞らしい。

囃子に踊り手があわせるのではなく、踊り手に囃子があわせるから踊り手が違うと雰囲気の違う舞になります。
踊り手と囃子の息の合わせ方も見もの!


★「三番叟」とは
能の「翁」をもととするもので、天下泰平、五穀豊穣、千秋万歳を寿ぐおめでたい儀式曲として正月や上棟式、舞台開きなどの場で演じられる。 笛と鼓と拍子木を囃子に、足を踏み鳴らしながら舞うために、特に舞うとはいわず、三番叟を踏むという。 多少の滑稽味を折り込みながらも、気品と荘重さを備えた儀式である。


これは「翁舞」と対になっている踊りで、翁の踊り手がこの三番叟も踊るというのが通例だそうだ。

見てるとクスッを笑えるような舞です \(^0^)/

詳しくはHPで
富根報徳番楽http://www.k4.dion.ne.jp/~bangaku/index.html

愛宕神社
秋田県能代二ツ井富根駅よりすぐ
http://www.akitafan.com/sightseeing/detail.html?data_id=1009



■ゆっけさんに聞く、「番楽の魅力って?」
通常の生活では接点がなかったであろう、お年寄りを初めとしたあらゆる年代の人と、「番楽」という行事をキーにつながり、そこから自分の知らなかった地域の関連性を学べるところ。
自分の世界が広がっていく感じがします!
(特にゆっけさんは向能代出身ですが二ツ井という自分の住んでいる地域とは違うところの番楽に参加しているので、なおさら違う地域の歴史を知ることが新鮮なのだそうです。)

なかなか伝統行事のしきたりや形式を崩すのは難しいことだけど、若手で集まって「ストリート番楽」「ライブハウスで番楽」もやってみたいね!という話をしているそうです。

面白そう!!


みんなも作ってみてね♡

★facebook「八森よめこ漁業」ページで詳細を公開中!
「いいね!」も押してくださると励みになります(・∀・)ノ↓
八森よめこ漁業 facebookページ

FISH&PEACE♡






★毎週土日元気に開催!旬の魚は「はちもり観光市」でどうぞ★

はちもり観光市

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

| main | next »