上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★毎週土日元気に開催!旬の魚は「はちもり観光市」でどうぞ★

はちもり観光市

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
おはっぽー!よめこです。1分で読めます。

2015日7月12日は地域力フォーラムinあきた2015にお呼ばれして、約200人の前でゴム長グツとカッパエプロン巻いてプレゼンをしてまいりました。八峰町からは毎年芸人枠なのかw

201507あきた地域力フォーラム01

「地域力フォーラム in あきた2015」のご案内 | 15秒のコトダマ




そこでこんな質問を受けました。

「よめこさんにとって漁業のどんなところが一番おもしろいですか?」

でまあ「よく飲んでカっと眠れる漁師がカッコいい、漁師の価値観がいままで私が生きてきた世界のとぜんぜん違うところです〜」なんてついポロっといっちゃったんですけど、もうちょっといいこと言わせてくださいw


■値段がつく前の「いのち」が見えるとこ

漁業をやっていて一番おもしろい!と感じる瞬間は、荷揚げのときに、タラもノドクロもイカもカニもカナガシラも一緒くたになってカゴに入っているのを見たとき。
IMG_1253.jpg


そのカゴは、「不落(ふらく)もの」「ハンパもの」を入れるものです。漁では、足が欠損してセリに出しても値段がつかないカニ、量がハンパになってひとつの箱を作れない魚が出るんです。
それらは自家消費に回るのですが、家ではカニもカナガシラも同一にありがたく食べるんですよね。


で、気づいたんですけど、
私は嫁ぐまで、「品物」としての魚しか見たことがなかったんですよね。
ボタンエビは「居酒屋いったら超高嶺の花!」だし、「アジやサバにはスーパーや回転寿司でこんくらいの値段?」と思ってたし…。

でもでも、荷揚げをやってこのカゴの中身みたらわかったんです。
海のさかなのいのちにはもともと値段なんかないって。
あとから値段をつけるのは人間で、海のなかで生きる彼ら自身には関係のない価値観なんですよね。

こう書いてみれば当たり前のことなんだけど、視点が一度「買う・食べる人」から「魚側」に180°変わり、そこから両者の間をいったり来たりするようになりました。カッコつけていうと山川草木の複眼をもつってやつですか。


■いきものを感じるのは「身体感覚」

こういうのって、いくら座学で「資源は大切だー」「生きもののいのちをたいせつにー」なんて習っても、正直ピンときません。
逆にいうと直に浜に来て、潮のにおいを嗅いで船から揚がる魚をみれば一発で身につく「身体感覚」みたいなもんだと思うんですよね。
私でそうだから、怒涛のように全部いっしょくたに網に入ってくる魚を間近でみる旦那さんはじめ漁師は、なおさらビンビン感じると思います。

「市場」に並ぶ前とは別の価値観があること、
「商品」になる前の「いきもののいのち」それらが内包する「死」をこの肌で感じること、だから自分がいま生きてることを考えさせられること、自分の価値観をグラグラ変えてもらえること。それが目下一番おもしろいところ、ですかねえ。

まあでも「好きな人のどこがいちばん好きか」って訊かれて、ひとつのところ挙げるのは難しいものがありますよね。
いろんなとこ挙げられるように練習しときます!

★毎週土日元気に開催!旬の魚は「はちもり観光市」でどうぞ★

はちもり観光市

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサーサイト
おはっぽー!よめこです。

7月の弾丸ツアー、2日めは秋田と山形との県境に位置する真室川町におじゃましてきました。
ここでは2014年10月号|東北食べる通信で特集された佐藤春樹さんと佐藤和実さんにお逢いしてきました。
同行者は秋田県仙北市角館のあきたいぶり美人のひとり、三春さん!


pics_02_20150716085601288.jpg


佐藤春樹さんはおじいさん、おばあさんと3人でおうちに代々伝わる「甚五右ヱ門芋」という伝承野菜、里芋の栽培をしています。
佐藤和実さんは「佐藤商店」という代々続くお店で無添加無着色の食材を使った缶詰、そして「いなごふりかけ」等を製造・販売している方です。(偶然にも同じ名字ですがおふたりはご夫婦ではありません笑)。

pics_01_201507160856032ca.jpg
「森の家」宿泊客が泊まる客間。森からの心地よい風が吹き抜けていました。


■どうやってニッチな商品に興味をもってもらうか?

佐藤春樹さんにおもいきって聞いてみました。
「正直、毎日食べる人にとっては、ふつうの野菜も伝承野菜もあまり気にならないと思います。そんななかで、どうやって伝承野菜の大切さを伝えていっていますか?」

こんな質問をしたのには理由があります。
というのは、秋田八森の底曳漁業でも、「伝承魚」ではないけれど、ハタハタ・マダラなどの認知度も需要も高い魚以外の周知や活用をどうするかが課題なのです。
カナガシラ、ゲンゲ、イシモチ、カレイ類。そのシェア数は全体の約50%を占めます。

春樹さんが答えてくださったことには、
「たとえば伝承野菜のきゅうりでも、ピクルスにすれば皮と身の間にある独特の苦味がうまく活きて、普通のきゅうりで漬けるより抜群に美味しい、といった種類があります。その野菜野菜にあわせての美味しい食べかたを、情報発信し続けることにつきるのかなあ、と思います」

にゃるほど。やっぱり地道にその魚種にあったレシピとその情報発信を勉強してみます。

pics_03_201507160856047ef.jpg

春樹さんの「森の家」にかかる、ヒンメリ」。


■「味」は美味しさだけではない

以前、東京のお寿司屋さん「すし処さいしょ」さんに無理をいって、大田市場を見学させてもらったことがあります。そこで鮪を取り扱うお店「田奈藤」さんは教えてくれました。

「味の評価というのは、単なるものの旨みだけじゃない、舌触り、香り、色、見目…そういうのが複合的にあわさって見られる」といった内容でした。


佐藤和実さんのお店自らが昔ながらの製法でつくる「いなごふりかけ」や「山ぶどう液」などを見ていると、私は「ものの美味しさ」を決めるもうひとつの要素があるんじゃないかな、と感じました。

佐藤商店


それは、「その味はその土地で、どんな風にみんなから愛されてきたのか」というストーリー。
お店も、佐藤さんご一家も、商品も、とてもチャーミングで、まるで前からお友達だったかのような居心地のよさ。
お店も商品も地域の人に愛されてきたからこそ、訪れる人を心よく受け入れる居心地のよさを醸しだしているのかな、と思いました。

pics_14_20150716085628327.jpg
和実さんの家にはガソリンスタンドもあります。
危険物乙種免許もある和実さん!カッコイイ!


pics_15_20150716085629e53.jpg

今度は真室川にゆっくり泊まりにきてみたいと思いました。
きっとここで朝に食べる、いなごふりかけのごはんはまた格別なんだろうなあ。



pics_05_20150716133735c1f.jpg

佐藤春樹さん、佐藤和実さん、&同行してくれた秋田いぶり美人三春さんありがとうございました!
次は春樹さんちに生まれためんこいベイビーにもあいにいきたいですっ。

■参照リンク

・佐藤春樹さんの畑に農業体験に来た人を泊める「森の家」HP
ブログ|森の家 山形 真室川|甚五右エ門芋 伝承野菜農家



・創業明治20年。真室川町及位とともに歩んできた佐藤商店
佐藤商店 山形 真室川|原木なめこ ぶどう液 山菜




余談ですが、こちらの和実さんもそのお母様もとてもお美しい
年齢より断然若く見えます。天然のアンチエイジングビタミンがたっぷりな「やまぶどう液」のおかげ?
ちょっとこれは近々リピしちゃうと思います。

pics_10_20150716085627472.jpg


★毎週土日元気に開催!旬の魚は「はちもり観光市」でどうぞ★

はちもり観光市

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
おはっぽー!よめこです。
先日2015年の7月1、2日、山形県へおじゃましてきました。
1日目は鼠ヶ関漁港。写真と胸に響いたことをログしときます。

pics_31_20150705175211fef.jpg



山形県鼠ヶ関はここ!



■網も漁法も先進的、だけど

pics_10_20150705175210601.jpg

「たしかに鼠ヶ関は網の研究が進んでるけど、すすめた結果、将来のぶんまで魚を獲っている」と言ったのはその日鼠ヶ関で初めて会った20代の若手漁師Sくん。

「俺が船に乗った5年前から明らかに魚はいなくなった」と彼はいいます。「たしかに魚はとってて楽しいよ、俺は趣味でも釣りするからすげーよくわかる。
でも…。

このまま山形の海から魚をいなくさせるつもりでみんな獲ってるなら俺は、それでもかまわないと思うよ」

ああ、でもねS君。
「海から魚がいなくなってもかまわない」と本気で思ってる人は、そんな親を失う子どもみたいな顔で、酒飲まないよ。

本当にみんな、海から魚いなくなってもいいって思ってんのかよ?って憤りと、でも、もう自分ひとりでは止められない、って無力感のまじった顔。

ーー



■進んだからこそ見える、若いからこそ見える

pics_17_2015070517520826c.jpg


確かに山形は秋田に比べ断然進んでいました。
それはもちろん船上作業場のカバーや冷却設備などハード設備の工夫、充実だけでなく、少人数操業、船上〆→陸選別などの人件費をかけない経営、漁協と漁業者の連携や仲買との信頼関係の構築など、ソフト面においてもいえることです。

だからこそ、ハードの効率化のスピードに当事者たちの資源管理意識やその施策が追いついていない、という日本の水産業が共通してかかえる課題も顕著に見えるようです。

若手の漁業従事者は、とうぜん自分がこれから先も漁業で生きていくことを考えます。とくにその葛藤と不安を強く感じるのではないでしょうか。

pics_59.jpg


ただでさえいのちを獲る悦びと辛さを同時に感じ、そのことに逡巡する漁業です。
秋田に限らず若い従事者が1日でも早く多く心の底から納得して漁をできる日がくればいいんだけど、
あ、いや、自分もやらなきゃいけないんだけど。
まだまだ答えは出ないです。どうか皆さん、お知恵を貸してください。




■おまけ
山形鼠ヶ関の居酒屋「ぽせいどん真魚(まお)」、美味しいんだけど2階のカラオケルームの内装がおかしい。

pics_26_201507051757473a7.jpg








★毎週土日元気に開催!旬の魚は「はちもり観光市」でどうぞ★

はちもり観光市

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

| main | next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。