上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★毎週土日元気に開催!旬の魚は「はちもり観光市」でどうぞ★

はちもり観光市

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
おはっぽー!よめこです。

2015酒讃家_01

秋田市山王にあるお魚と山菜、日本酒をメインに扱う小料理屋さん「酒讃家」さんにおじゃましてきました。
Facebook経由で拝見した店主さん自らが採る山菜「浜防風の天ぷら」なるものを一度食べてみたくてたまらなかったのです。あと店主の藤木さんの独特のイラストに惹かれ。



2015酒讃家_04

浜防風(ハマボウフウ)はセリ科の山草なんですね。
香味と揚げたてのサクサク感がたまらなく至福でした。


2015酒讃家_06

コシアブラの生ハム巻き揚げ。
仙北市のKimotoさん(手作りのお惣菜通販 kimoto)でいただいたコシラブラの寒天寄せをいただいて以来、「コシラブラって葉っぱもきれいだよな〜」と意識して見るようになりました。
美味さのあまり手ブレしてしまいました。カメラ勉強します・・・


2015酒讃家_05

仙北産いぶりがっこのチェダーチーズはさみ揚げ。
チェダーチーズの乳感といぶりがっこの合わせ技が美味しい。


そしてそして


2015酒讃家_08

活〆田沢湖清流お造り三点盛り、手前からニジマス、ベニマス、イワナ。
私は川魚のお刺身を人生ではじめていただいたのですが、こんなにふくよかで美味しい味だとは思いませんでした!
店主の藤木さんの先輩が秋田県の県南田沢湖で川魚の養殖をやっていらっしゃるそうで、そちらから仕入れているとのこと。


自分が食べて育った魚を他の人にも食べてもらいたい

2015酒讃家_10


店主の藤木さんは秋田県仙北市角館出身。小さいころから川魚を食べて育ちました。
ところが地元の人はお客さんをお迎えするときに「自分たちのいつも食べているものをお出しするのは」と川魚以外を料理に出すように。
「でも外から来たお客さんて絶対、その土地の人たちが食べてるものを食べたいと思うんですよね」
と藤木さん。

だからご自分のお店では大好きな川魚をはじめ、食材のほとんどを愛する故郷の仙北角館・田沢湖のゆかりのある人たちから調達しています。


■骨酒も名物

2015酒讃家_09


骨酒に入れるようのちびのどぐろちゃん。小鯛やキミヨ(カナガシラ)、岩魚など骨酒用の魚種は日によってさまざま。



2015酒讃家_11


お店の名物の骨酒も地元の岩魚釣りの人たち達のあいだで親しまれているとか。
この日は運転だったのでノンアルでしたが次回は泊まりがけで来て絶対飲もう




2015酒讃家_03


藤木さんのFBページによく出てくる「わっしょいいわお」。岩魚がモチーフなんですね。
というか藤木さんイラストもおしながきも自分で手がけていらっしゃる!多才!


2015酒讃家_12


次回来たときは「記録より記憶」の合言葉で作ったという和製グリーンカレー缶詰、その名も「沼」をぜひ食べさせてもらいたいです。写真はパッケージ案w

とってもお話しやすくて好奇心旺盛で丁寧で、人とのつながりを大切にされる方でした。
藤木さん、お魚・漁業のことや神経〆までいろいろご相談にのっていただいてありがとうございました!
今度は我が家の漁師と息子といきたいです\(^o^)/


骨酒と地酒 山海のごちそう 酒讃家(しゅさんか)

営業時間 17:00-11:30
FBページ 酒讃家


★毎週土日元気に開催!旬の魚は「はちもり観光市」でどうぞ★

はちもり観光市

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサーサイト
おはっぽー!「秋田のちょいワルおばこ」ことよめこです。



さて突然ですが「成長したいけどなかなかできないなぁ」と感じたことってありますか?
今回はそんな人に、「人の2倍の速さであなたがほしいと思っているスキルを身につけるヒント」を、
ちょっとだけご紹介したいと思います。


先日秋田市野菜ソムリエさんグループ「ブルーミンオニオン」が開催しているお野菜フルコース「たまねぎ食堂」にお邪魔しました。

2012-08-25たまねぎ食堂 (30)



こちらは「秋田の食材を通して、秋田の豊かさを伝えたい!生産者さん、野菜、食べる人を結びつけたい!」という目標をもとに、野菜ソムリエ佐藤 司先生とそのお弟子さんたち3人が今年から開催しているもの。

私は4月の日本料理以来、2回目の参加でした。


2012-08-25たまねぎ食堂 (6)

公私ともにお世話になっているM山さんと同席!心強い♪

2012-08-25たまねぎ食堂 (5)
前菜からカラフル~!



2012-08-25たまねぎ食堂 (8)


たまねぎ食堂のメニューを食べて私がいつも勉強になるのは、
「コース料理はチームワークであること」
野菜それぞれの美味しさを引き出しつつ、他の食材と合わせて食べるとまた味に表情が出てくる」
「地元、秋田県産の食材だけでこんなに豪華なフルコースが作れる」

ということです。

2012-08-25たまねぎ食堂 (9)
ジャンルの違いもあるのかもしれませんが、日本料理のときよりも野菜のおだしの味が深く出ている!?



そして家に帰るとブルーミンオニオンの皆さんの姿勢と同様、私も「お野菜の良さを活かしてあげられるようにお料理してみよう!」「楽しい組み合わせで料理してみよう!」という気持ちになれます。


2012-08-25たまねぎ食堂 (15)

2012-08-25たまねぎ食堂 (17)

2012-08-25たまねぎ食堂 (18)
コロッケの下のトマトソース、味付けはしょっつるだけ!おいしーい!


2012-08-25たまねぎ食堂 (19)

感動とうまみで「鳥肌」が(手羽先ではありません)・・・


そしてこの日、お料理の素晴らしさもさることながら、私がなにより驚いたのは、
お弟子さんたち3人が、お料理の腕はもちろんサーブの仕方や生産者さん、お野菜の紹介まで、プロ並みに素晴らしく成長されていたことです!
確実に私がお邪魔した4月の2倍、いや3倍くらい!
3年間はみっちり修行したように堂々として丁寧な接客、腕前でした。

2012-08-25たまねぎ食堂 (20)

「いったいどうして!?何があったの!?」と聞くと、3人とも笑顔で、
「2月から月2回開くためにいる全力で準備していたら、野菜に対してのセンサーが働き、考えるよりも感覚で行動できるようになった。自分自身もすごく自信がついてきたの。」

2012-08-25たまねぎ食堂 (13)


たしかに最初、佐藤先生から「月2回やります」ときいたときは、「えっ!?」「できるの!?」と思ったけど、日時も決まってお客様も受付しているのだからもうやるしかない。背水の陣で毎日野菜、生産者さんの「想い」と向き合った結果だそうです。

2012-08-25たまねぎ食堂 (24)



「人は変われる、自分の望む方向に、自分の望む速度で」。

彼女たちが普通の2倍の速度で成長したコツは、とてもシンプルでした。

1、普段の2倍の濃度でその対象に向き合っていること
2、目標、ゴールを最初に定めたこと(1年間続ける、月2回、●月●日までに●人分料理を作る)

そして、
3、自分を越えた「人」の想いを伝えるために動くこと



2012-08-25たまねぎ食堂 (28)


レシピにはしょっつるを活用していただいているということで、漁業の声をお客様にお伝えする時間もいただきました。
たまねぎ食堂
正直、このとき号泣してました(料理の美味しさと皆さんの成長のすごさに)。


最後にはコダマ農園さんのお野菜のお土産までいただいちゃいました!

このボリューム、この美味しさで、お土産までついて2000円はぜったい安いと思う(ブルーミンオニオンのみなさんはこの「たまねぎ食堂」で、利益追求じゃなくて、「食育楽」の心を伝えたいから、この値段なんだそうです)。


もしまだ行かれたことがない方、もしくは私のように初期の頃に行って満足した方は、ぜひ足を運んでみてください。
普通のレストランとは、また以前のたまねぎ食堂とは、きっとひと味もふた味も違う楽しさ・・・
素晴らしい美味しさと「食」への心、そしてそこにいる皆が仲良くなれるような「優しい時間」を得られること間違いなしです!

2012-08-25たまねぎ食堂 (33)


私も2倍速でがんばります(`・ω・´)!

2012-08-25たまねぎ食堂 (41)

素敵な誕生日プレゼントをありがとうございました☆


********************

たまねぎ食堂の活動日程・お問い合わせはこちらから!

★ブルーミン・オニオンブログ「たまねぎ食堂日和~くもりのちたまねぎ~」
http://ameblo.jp/bloomnonion/
次回9月 韓国料理は9月8日・15日


★たまねぎ食堂 Facebookページ
http://www.facebook.com/groups/337822319591059/

★佐藤 司先生レシピブログ「とっぴんぱらりのぷ~」
http://ameblo.jp/syokurakuiku-club/


★毎週土日元気に開催!旬の魚は「はちもり観光市」でどうぞ★

はちもり観光市

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
【3分で読めます!】

おはっぽー!よめこです!
先日、おともだちで、ジュニア野菜ソムリエの資格を持つさなえ先生・ふくちゃんが開催する「たまねぎ食堂」に行ってきました!
さっそくレポ!

120416たまねぎ食堂 (4)
人懐こすぎる犬

120416たまねぎ食堂 (12)
会場としてお借りしているという河辺の「グリーンワールド」さん。
持ち主さんは造園士だそうで、素晴らしい枯山水の庭園が広がります。

たまねぎ食堂とは、ジュニア野菜ソムリエユニット3人組「Bloom'm onion」と、彼女たちのお師匠さんである野菜ソムリエの佐藤 司先生による定期開講のイベントです。
秋田の野菜・食材を楽しみ広めることを通して、秋田を元気づけたい!という熱い気持ちがこめられています。

野菜だけでなく、秋田の名産品しょっつるも積極的にメニューに取り入れてくださっております。
ありがたや~!

今回のテーマは「和食」。メニューはこちら
120416たまねぎ食堂 (21)


120416たまねぎ食堂 (27)

私が一番感動したのは、佐藤先生お手製の「春キャベツと三つ葉のしょっつる風味ごはん」
私が今まで食べたしょっつる料理の中で一番上品で、一番美味しかったです。
三つ葉と一緒に食べるとまた風味が変わり、レモンを振りかけるとまた雰囲気が変わります!

120416たまねぎ食堂 (30)
しょっつるについて解説をされる佐藤先生。

さなえ先生の作った「豆腐の冷静スープ(三種町特産の練り梅入り)」も美味しかった・・・
ふくちゃん(前回のしょっつるミネストローネレシピを提供してくれた発酵の美女)の作った甘酒ぷりんもかわいらしかった・・!
120416たまねぎ食堂 (32)

120416たまねぎ食堂 (31)
佐藤先生特製「桃豚スペアリブのトマト煮込み」5時間煮込んだだけあってほろほろと柔らかい!


【注意点】
・このお料理コースは秋田をメインとした野菜のうまみに気づき、堪能してもらうためのものです。
普通のランチとして考えたら2000円は決して安くはないお値段です。
が、ここまで多種類、秋田県産の野菜が出て、その機能性や作り手さん達の思い入れまで解説してもらえること、学びの場でもあることを考えると、私は安すぎるくらいだと思います(むしろ採算合ってるのかな・・・)。
そういう視点で臨んだほうがいいかもですね。

・定員20名に対してたった4人で準備するので、次のお料理が出てくるまでに多少時間がかかることもあります。
気のおけない友人と一緒に行って、キレイなお庭を見ながらおしゃべりを楽しんで待つ、といった心の余裕があるといいですね。

120416たまねぎ食堂 (15)
インテリアもキレイで飽きない!

【気づいたこと】
このたまねぎ食堂に行って本当によかった、と思える発見が2つありました。

1つは、いかに野菜自身の甘味、うま味というものが力強いか、に気づけたこと。
かぶとアスパラと菜の花の蒸し野菜を食べたとき、アスパラの味はこんなに濃かったのか、蒸したかぶはこんなにも甘かったのか!と震えました。
いかに今まで自分が顆粒コンソメや「だ●の素」を使いまくり、濃い味付けを上乗せして野菜本来のうま味をだいなしにしていたか・・・m(_ _;)m

野菜に興味がある方だけでなく、健康に気を遣う方も、定期的にこのような催しに参加して普段の食生活をリセットしてみるのもいいですね!

2つ目は、Bloom'n onion のメンバーのお師匠さんである佐藤司先生のお弟子さんたちへの指導が愛情に溢れているということ。

実は私1時間早く会場についてしまい、さらに調理場がまさに準備でキッチンスタジアム化しているときにウロウロする、というまったく空気の読めないことをしでかしてしまったんですが(あわわわ)、
佐藤先生は私がいてもいなくても全く変わらずにお弟子さんたちの3人にビシビシと、調理についてだけではなく早く来たお客様へのおもてなしについても気配り、指導をされていました。

人間30歳も過ぎると、叱ってくれる人や行動をたしなめてくれる人はとんと少なくなります。
だからこそ、携わる本業だけでなく、接客や礼儀の態度などの部分まで、口をすっぱくして叱ってくれる人というのはとても貴重な存在です。
きっと佐藤先生についているお弟子さんたちは、料理の腕だけではなく、接客、礼儀の部分でも、どこに出しても一流になるだろうなあ、この方の下で学んでいる私の友人は幸せ者だなあ・・・と羨ましく思いました。

120416たまねぎ食堂 (19)

私も気がひきしまった思いです。




たまねぎ食堂スケジュール5月以降のスケジュールはこちら!

5月 12日(土)、19日(土)~インド料理
6月(日にち未定)~フレンチ
7月(日にち未定)~中華


■問い合わせ先 ⇒【 メール】 bloom_n_onion@yahoo.co.jp
■more information⇒http://ameblojp/bloomnonion

(Bloom'n onionブログより転載)

http://ameblo.jp/bloomnonion
詳しいご予約・お問い合わせはこちらのメール・お電話からのこと。ぜひ足を運んでみてください!

DSC01001.jpg



秋田の食のデータベースこと「かんてんさん」の「秋田食べ日記」に全メニューの写真が載っています!
http://www.b-shoku.jp/modules/wordpress/?author=824&p=192929


★facebook「よめこ漁業」ページで詳細を公開中!
「いいね!」も押してくださると励みになります(・∀・)ノ↓
よめこ漁業 facebookページ

FISH&PEACE♡

★毎週土日元気に開催!旬の魚は「はちもり観光市」でどうぞ★

はちもり観光市

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

| main |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。